カテゴリ

地域

キーワード

日付

アートイベントカレンダー

アートイベントカレンダー

アートイベントカレンダー

 

新着イベント情報

2018年5月27日(日)ほか
みのおマルシェ

お知らせ

BBS

つくり手ファイル

BBS

BBS

不定期開催出展募集状況まとめ

手づくりに特化していないイベントなのですが・・・
それでもアイテムによっては、手づくり作品…

イベントリポート

素材のこと コラムを更新しました。素材のこと コラムを更新しました。
皆さんこんにちは。編集部の永井です。 本…

もっと見る

世田谷アートフリマ


世田谷アートフリマは4月下旬と9月下旬の年に2回、三軒茶屋のキャロットタワーで開催されています。

2010年の開催は9月25日と26日。編集部は25日に伺いました。この日はテレビなど複数のメディアの取材が入っていたようで、大きなカメラを持って撮影されている方が多数おられました。

このイベントの注目度の高さが窺えます。
出展者の年齢層は幅広く、内容もバラエティに富んでいます。生活雑貨やアクセサリーはもちろん、写真やイラストなど、よりアート的な作品も多く目にしました。

人気の体験ワークショップも、「お札deおりがみ道場」などユニークな内容。身近なお札が題材とあってか皆さん興味深々のようでした。



<出展されていた方のご紹介>

輸入食品のパッケージイラストをマグネットやシール、ハガキに。イラストレーター あきの かなこさんの作品。



ブルーが印象的なステンドグラス作家 和泉朗子さんの作品。


バッグにつけて持ち歩きたくなる人形ブローチは種類も豊富。
ディスプレイも可愛い 手芸作家Shimakoさんの作品。



取材後記
世田谷アートフリマは以前にも本誌でリポートを掲載させて頂いたことがありますが、今回は若くてユーモアのある作家さんを多くお見かけしました。
このイベントは屋内開催にも係わらず、出展料金がとてもリーズナブル。
冒険心に富んだアート作品やスタートされたばかりの作家さんが出展しやすい上に、創作歴の長いベテラン作家さんからの支持もあるため、バラエティに富んだ出展が実現されているのだと感じました。


最後に。こちらは世田谷アートフリマ名物牛すじカレーです。
以前は大根カレーでしたよね!

<< マーケットコンシェルジュ一覧に戻る